猪木議員、黒マフラーで「友人」カストロ氏を悼む – 社会 : 日刊スポーツ

 二十三年ほど前、アントニオ猪木さんのお兄さん、快守さんから、アントニオ猪木さんがカストロ議長に招待されているので、私にも一緒に行かないかと誘われたのですが、当時はカストロ議長のことをよく知らず、キューバについてはあまりいいイメージを持っていなかったため、当時の妻の反対もあり、結局は行きませんでした。

続きを読む

【家庭医が教える病気のはなし(85)】風邪に「抗生物質」不要…経過を見る勇気を持って(産経新聞) – goo ニュース

長い間、風邪にかかったことは無いが、風邪の菌はしょっちゅう体に入ってきている。入ってくると、体の内の何かが変化するのがよく分かるので、すぐにその時は、体の要求に従う。眠たいと思えば、どんな状況でも寝る。しょうが茶みたいな物が飲みたいと思えば思い切り良いと感じるまで飲む。食べたいものを時間に関係なく食べる。そうすると、体の中で中で何かが起こっている事を感じる。結果本当に風邪をひかない。この感受性と抵抗力は、内丹という太極拳の修行で思いだしたもの。私の妻も私が太極拳を教え始めて3年で全く風邪を引かなくなった。びくとも引かない。人間には天然の抵抗力、すなわち「原気」が備わっている。それを思い出せばいい。… 続きを読む

小澤征爾、経過順調を報告「元気です」(オリコン) – エキサイトニュース

10年以上前、成城学園前にも家がある頃、小田急の成城学園前の駅で、真っ赤な服を着て真っ赤なテニス道具を持った、小澤さんと知り合い、それから、数回楽屋に行ったり、オーケストラの練習風景を貸し切りで見せてもらったり、とてもお世話になりました。… 続きを読む

うばたま

30年ほど前に、王師から太極拳を習い始めた頃、最初にまず、存思(瞑想)をしながら動く套路を徹底的に習った。

 その時に、王師はまるでジェルの海の中を漂うような感覚を得るはずだということで、ひたすら、その感覚を探しながら套路を恐ろしくゆっくりと行っていたものである。… 続きを読む