人工的な食品添加物とカオスの縁

 カオスの縁(カオスのふち、英語: edge of chaos)とは、振る舞いが秩序からカオスへ移るようなシステムにおいて、秩序とカオスの境界に位置する領域をいい、複雑系や人工生命、生命の進化などの研究において着目されてきた概念です。理論生物学においては、生命の発生と進化には自然淘汰の他に自己組織化が必要であり、進化の結果、生命は「カオスの縁」で存在するという仮説がよく知られています。… 続きを読む

映画「ツイステッド」

忘れたい現実と共に記憶も封印される
変えたい現実と共に記憶も変形する
現実が自分にあれば、記憶も自分と共にある

Amazonレビュー
サンフランシスコで次々と発見される男性の殺害死体。事件を担当するのは、市警の捜査官に就任したばかりのジェシカだ。やがて被害者に共通点が発見される。それは、彼らがすべてジェシカとベッドを供にした男だという事実だった…。自らが容疑者として疑われる捜査官という難役に、アシュレイ・ジャドが挑んだサスペンス。… 続きを読む

映画「ラスト・デイズ・オン・マーズ」

追い詰められたときこそ、捨てるものは理性と常識
その時こそ、魂に従うときである

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
火星での6ヵ月のミッションを終え、地球へ帰るまでの19時間で起こった恐怖を描くSFスリラー。火星でのミッション最終日、隊員のひとりは驚くべき発見を確信。彼はさらなるサンプル採集のために探索に出掛け…。… 続きを読む

映画「デイ・アフター・トゥモロー」

森羅万象と共にない不感が
森羅万象の均衡を崩し
不感によって身を滅ぼす


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ローランド・エメリッヒ監督が放つスペクタクルパニック。環境異常を察知した気候学者のジャックは副大統領に避難を進言するが、一笑に付されてしまう。そんな最中も地球は崩壊への道をたどっており、世界各地で大災害が発生する。“ベスト・ヒット”。… 続きを読む